Windows 10から無償で更新可能

日本時間の2021年6月25日、Microsoftの次期OS「Windows 11」(ウィンドウズ・イレブン)が正式発表されました。

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

Windows 11のデスクトップ(MicrosoftのWebサイトより)。スタートメニューが画面中央に表示されるなど、ユーザーインターフェイスが一新されています。

現行の最新OSであるWindows 10は、リリース当初「Windowsの最後のバージョンとしてアップデートされ続ける」という説明がされていました。それなのに「なぜWindows 11?」という疑問も湧くのですが、見た目の刷新だけでなく数々の新機能を備えていることから、新しいバージョン名が与えられたようです。

とはいえ、Windows 10のユーザーは、Windows 11への無償アップデート(アップグレード)が可能です。ライセンスをあらためて購入する必要がないという意味では、Windows 10からそのまま移行できるOSであり、ユーザーにとってうれしい新バージョンといえるでしょう。

Windows 11は2021年内にリリースされる予定で、それ以降、手持ちのパソコンを無償アップデートできることになりますが、注意しておきたいのが最低システム要件です。実は、このシステム要件がけっこう厳しめだと、ネットで話題になっているのです。

Microsoftでは、今使っているパソコンがWindows 11の最低システム要件を満たしているかを簡単に調べられる、互換性チェックアプリの準備を進めています。詳細な要件を調べるのが面倒でもすぐにチェックできるので、ぜひ試してみることをおすすめします。

Windows 11に更新可能かをチェックする

まずはWindows 11の紹介ページから、PC正常性チェックツールをダウンロードしてください。チェックを進める一連の操作は、以降の手順で解説します。

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

Windows 11の紹介ページを下にスクロールし、「リリースに向けて」というセクションの[アプリをダウンロード]からWindows PC 正常性チェックツールをダウンロードします。

1インストーラを起動する

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

ダウンロードしたWindows PC 正常性チェックツールのインストーラを起動します。

2インストールを開始する

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

セットアップ画面が表示されました。[使用許諾契約書に同意します]にチェックを付け、[インストール]をクリックします。

3インストールを完了する

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

インストールはすぐに完了します。[完了]をクリックしましょう。

4システム要件のチェックを開始する

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

Windows PC 正常性チェックツールが起動しました。Windows 11の最低システム要件を満たしているかを調べるには、[今すぐチェック]をクリックします。

5システム要件のチェックが完了した

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

チェック結果が表示されました。残念ながら、このパソコンはWindows 11に対応していないようです。

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

Windows 11のシステム要件を満たしているパソコンでは、このように表示されます。

Windows 11にアップデート可能かを確認する方法。システム要件を満たしているかを手軽にチェック

なお、企業内で使用するパソコンなど、ネットワークドメインに参加しているパソコンではこのような画面となります。

以上、Windows 11に更新可能かを確認する方法を紹介しました。システム要件に満たない場合は残念な思いをしてしまいますが、「そろそろ新しいパソコンを」と考えていた人にとっては、2021年は買い換えのよいタイミングとなりそうです。