Dekiru
 
できるシリーズ>できるPhotoshop Elements 6 Windows Vista/XP対応
できるネット

できるシリーズ
できる大事典
できるPRO
できる困った
できるポケット
できる100ワザ
できるクリエーター
できる式問題集
IT講習教材
できるサポート
ダウンロード
できるメール
できるQ&A
サイトマップ

Googleで「できるネット」のWebサイト内を検索
できるPhotoshop Elements 6 Windows Vista/XP対応
[2007/11/02発売]
著者:須和方 博・かわせかよこ&できるシリーズ編集部
定価:1,764円(本体1,680円+税)
対象OS:Windows Vista/Windows XP
対象アプリケーション:Adobe Photoshop Elements 6.0

写真の取り込みから詳細解説。
補正やRAW現像、レイヤーを使った加工も
サンプル付きでよくわかる!

実際に操作できるサンプルを豊富に用意。手順を追うだけで補正や加工の基本から応用までが身につく。RAW現像や写真の合成、印刷、CDやDVDへの保存、ポストカード作成、仲間へのウェブ公開など、デジタル写真の活用ワザが満載!


ダウンロードアフターケア

ダウンロード

使い方

  1. ダウンロードしたいファイル名をクリックして、ファイルをダウンロードしてください。
    ※デスクトップなど、わかりやすい場所に保存することをおすすめします
  2. ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。
    ※圧縮されていたファイルが解凍され、サンプルファイルが保存されます
すべてのファイルをまとめてダウンロード ファイルの大きさ ダウンロード時間※
all.exe 61.1MB 約3時間28分33秒
ファイルを分けてダウンロード ファイルの大きさ ダウンロード時間※
第2章〜第5章のレッスンで使用するサンプル
2-5syo.exe 22.0MB 約1時間15分6秒
第6章〜第9章のレッスンで使用するサンプル
6-9syo.exe 26.8MB 約1時間31分29秒
練習問題で使用するサンプル
rensyu.exe 12.3MB 約41分59秒
※表示されるまでにかかる時間は、約5KB/秒(56Kモデムの場合)を目安にしています。インターネットに接続する環境やお使いのパソコンの性能によっては、上記の時間と大きく異なる場合もあります。ご了承ください。

アフターケア

「できるPhotoshop Elements 6 Windows Vista/XP対応」に、以下の誤りがございました。深くお詫びするとともにここに訂正いたします。

63ページ レッスン16のHINT!「写真に日付を入れて印刷するには」の解説

【訂正前の内容】
ここをクリックして文字の色を変更できる

【訂正後の内容】
解説の削除

(第3刷にて修正)

70ページ レッスン17のHINT!「スライドショーをCD-RやDVD-Rに書き込むには」

【訂正前の内容】
内容の変更

【訂正後の内容】
[スライドショーエディタ]で[出力]ボタンをクリックして[スライドショーを出力]ダイアログボックスを表示し、[ディスクに書き込み]をクリックするとCD-RやDVD-Rなどに書き込むことができます。ただし、DVD-Rに書き込むには、Adobe Premiere Elementsがパソコンにインストールされている必要があります。書き込まれたディスクはそのままDVDプレイヤーなどで再生してテレビで視聴することができ、パソコンを必要としないので、友人や家族に配布するのに適しています。また、スライドショーを出力するときに[ファイルとして保存]をクリックすれば、Windows Media Playerなどで再生できるWMV形式のファイルか、PDF形式のファイルとして保存できます。CD-RやDVD-Rなどに保存するのか、ウェブサイトで配信するのか、用途に合わせてスライドの出力サイズを選びましょう。

(第2刷にて修正)

71ページ レッスン17のPoint「取り込んだ写真で簡単にスライドショーが作れる」

【訂正前の内容】
内容の変更

【訂正後の内容】
[スライドショーエディタ]の手順に沿って作業を進めるだけで、ドラマティックなスライドショーを簡単に作れます。スライド切り替え時の効果もさまざまなスタイルのものが用意されているので、写真に合わせて変更すれば楽しさもアップします。お気に入りの作品を選んだら、BGMを付け加えるなどして、映画のように臨場感のあるオリジナルのスライドショーを作ってみてください。できあがったスライドショーは保存しておきましょう。DVD-Rに書き込むにはAdobe Premiere Elementsがパソコンにインストールされている必要がありますが、CD-RやDVD-Rなどにスライドショーを書き込めば、作ったスライドショーをほかの人に見せることもできます。

(第2刷にて修正)

88ページ レッスン21の「画面の切り替え」

【訂正前の内容】
●切り替え前 ([写真編集モード])

【訂正後の内容】
●切り替え前 ([写真整理モード])

(第3刷にて修正)

102ページ レッスン25の「補正の効果」の補正前

【訂正前の内容】
曇天時の撮影のため、全体的にメリハリがなく、色合いがくすんでいる

【訂正後の内容】
船や森が遠くにあったため湖面の霧でかすんで全体にメリハリがなく、色合いもくすんでいる

(第2刷にて修正)

108ページ レッスン27の「補正の効果」の補正前

【訂正前の内容】
カメラをまっすぐ構えず、ブルドッグが斜めに写っている

【訂正後の内容】
カメラを斜めに構えて撮影したため、ブルドッグが傾いて写ってしまった

(第2刷にて修正)

116ページ レッスン29の「補正の効果」の補正前

【訂正前の内容】
太陽の光が強く当たり、若干色あせて見えている

【訂正後の内容】
日陰で撮影したため、全体に色が薄く青みがかっている

(第2刷にて修正)

118ページ レッスン30の「補正の効果」の補正前

【訂正前の内容】
日陰で撮影したため、全体的に青みがかり、肌も不自然な色になっている

【訂正後の内容】
木立に囲まれて撮影したため、全体に色がくすんで木の葉の緑の影響で肌色が不自然になっている

(第2刷にて修正)

121ページ レッスン30のHINT!「色温度ってなに?」

【訂正前の内容】
スライダーを左へ動かせば、写真全体が青みがかった色温度が低いカラーになり、右へ動かせば赤みがかった色温度が高いカラーに補正できます。

【訂正後の内容】
スライダーを左へ動かせば、写真全体が青みがかった色温度が高いカラーになり、右へ動かせば赤みがかった色温度が低いカラーに補正できます。

(第3刷にて修正)

163ページ レッスン46の手順3の操作説明1

【訂正前の内容】
指し位置が異なる。

【訂正後の内容】
正しい指し位置は、現在の指し位置[隣接]の左側、ブラシサイズを表示している[● ▼]([●13]と[▼]の中心付近)です。

169ページ レッスン47の手順9の解説

【訂正前の内容】
レッスン24を参考に、写真を別名で保存しておく

【訂正後の内容】
レッスン43を参考に、写真を別名で保存しておく

176ページ レッスン50の手順1の解説

【訂正前の内容】
2007年8月22日撮影の[グループ1.jpg][グループ2.jpg]を[Ctrl]キーを押しながらクリック

【訂正後の内容】
2007年6月28日撮影の[Groupshot1.jpg][Groupshot2.jpg]を[Ctrl]キーを押しながらクリック

210ページ レッスン60の手順1の操作説明1

【訂正前の内容】
2005年9月10日の[ポストカード.jpg]をクリック

【訂正後の内容】
2007年9月10日の[ポストカード.jpg]をクリック

(第2刷にて修正)

本サイトのご利用について | お問い合わせ | プライバシーについて | 会社概要 |
インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
 Copyright © 2008 Impress Japan Corporation, an Impress Group company.  All rights reserved.