本文へジャンプ

コンテンツ一覧へ

コンテンツ検索へ



サイトトップ » 編集部ブログ » 手書きメモをスムーズにデータ化→記録。デジタルペン「airpenMINI」とEvernoteの連携を試してみました


手書きメモをスムーズにデータ化→記録。デジタルペン「airpenMINI」とEvernoteの連携を試してみました

「記憶の拡張」ツールとして注目を集める「Evernote」。キーボードで打ち込んだテキストデータはもちろん、Webページや写真、PDFファイル、音声など、多くのデータ形式のメモを取り込み、管理できます。

▼Evernoteの使い方については、以下のページをご覧ください
Evernote 使い方解説一覧

Evernoteの応用ワザとして、例えばメモを「ScanSnap」などのドキュメントスキャナーでスキャンしたり、iPhoneの手書きメモアプリ「SpeedText」を利用したりすることで、紙に書いたメモをEvernoteに取り込むことも可能です。

▼Evernoteの応用的な使い方については、こちらの書籍に多数掲載しています
できるポケット+ Evernote活用編

手書きメモとEvernoteを活用していく上で気になるツールが発売されています。ぺんてる株式会社が販売するデジタルペン「airpenMINI」です。

airpenMINIは、紙に書いた筆跡をデータ化しパソコンに転送できるという優れたツールです。Evernoteと連携するには面倒な設定が必要でしたが、6月30日(水)に新バージョンのアプリケーション「airpenNOTE for MINI Ver.5.0」の提供が開始されたことで、より簡単にEvernoteと連携できるようになりました。

ちょっとしたアイデアメモや伝言メモをairpenMINIで作成しておけば、データ化されたバックアップがEvernoteに残るので、いざという時に安心です。

この度ぺんてるさんよりairpenMINIをお借りできたので、「airpenNOTE for MINI Ver.5.0」をインストールし、airpenMINIで書いたメモを実際にEvernoteに取り込んでみました。

airpenMINIとEvernoteを連携できるように設定する

まずはhttps://ssl.pentel.co.jp/airpen_support/download.htmlにアクセスして、airpenMINI用のアプリケーション「airpenNOTE for MINI Ver.5.0」(以下airpenNOTE)のインストーラーをダウンロードします。
※ダウンロードには、メモリーユニット底面に記載されている製品IDの入力が必要です
※2010年6月30日現在、インストーラーはZIPファイル形式のみで提供されています
※「airpenNOTE for MINI Ver.5.0」の対応OSはWindows 2000 SP4/XP/Vista/7(x64を除く)で、Macには未対応です

上記ダウンロードページにアクセスしたら製品IDを入力して[ログイン]をクリックし、「airpenNOTE for MINI Ver.5.0」の[DOWNLOAD]をクリックします。[Download - アプリケーションダウンロード airpenNOTE for MINI Ver.5.0]の画面が表示されるので、画面最下部にある[DOWNLOAD(zip)]をクリックしましょう

[ファイルのダウンロード]が表示されたときに[開く]をクリックすると、ZIPファイルが解凍されます
※Windows 2000の場合は、「Lhaplus」などのサードパーティ製のファイル圧縮・解凍ソフトをパソコンにインストールしておく必要があります

ZIPファイルが解凍され、フォルダーが表示されました。[Setup]を実行し、パソコンにairpenNOTEをインストールします

[スタート]‐[すべてのプログラム]‐[Pentel]‐[Mini]‐[airpenNOTE for Mini]をクリックしてairpenNOTEを起動し、Evernoteと連携するための設定をしましょう。[設定]‐[オプション]をクリックします

[オプションダイアログ]が表示されたら[アプリケーション連携]をクリックします。[アプリケーション名]で[Evernote]を選択することで、Evernoteとの連携が可能になります

ここでは手書きメモがPDFファイルで出力されるよう、[出力データ形式]で[pdf]を選択しました。もちろん[jpg]や[png]でもかまいません。設定が完了したら[OK]をクリックします

手書きメモをパソコンに転送し、Evernoteに取り込む

airpenMINIのメモリーユニットを電源ONにし、クリップにメモ用紙などをはさんだら準備完了。専用デジタルペンでメモを書き込んでいきましょう。ペンの動きをメモリーユニットが感知すると、メモリーユニットの画面にペンのマークが表示され、筆跡データがメモリーユニットに記録されていきます

次に、筆跡データをパソコンに取り込みましょう。付属のUSBケーブルでメモリーユニットとパソコンを接続し、airpenNOTEを起動します。画面左上の[アップロード]をクリックするとデータがパソコンに転送されます。[メモリーユニットの全てのページを消去しますか?]が表示されたら、[はい]をクリックし、メモリーユニットの容量を空けておくのがベターです

airpenNOTEにメモが取り込まれました。標準設定では、メモの最上部に書かれた文字が自動的にメモのタイトルとなります。Evernoteに転送したいメモを選択して、画面右上の[Evernote]をクリックすると、メモがEvernoteに転送されます(複数のメモの選択・転送はできません)
※airpenMINIが文字を正しく認識できず、タイトルに書いた通りの文字が入らない場合もあります

Everonteが起動し、[Imported Notes]にメモが取り込まれました。あとはノートブックやタグを作成するなどして、メモを管理しましょう


(できるネット+編集部 諏訪)

トラックバック(受付中)

トラックバックURL:

このページの内容の一部は、Google が作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに記載の条件に従って使用しています。