本文へジャンプ

コンテンツ一覧へ

コンテンツ検索へ



サイトトップ » 編集部ブログ » Twitter経由でスケジュールを共有できる iPhoneアプリ「TwitCal」提供開始


Twitter経由でスケジュールを共有できる iPhoneアプリ「TwitCal」提供開始

3月8日、インフォテリア株式会社のiPhone/iPod touch用カレンダーアプリ「TwitCal」(ツイットカル)の正式版が販売開始になりました。

Twitterとの連携で、手軽に情報発信・情報共有

TwitCalの最大の特長は、Twitterとのシームレスな連携。TwitCalカレンダーに登録したスケジュールをTwitterに投稿し、自分をフォローしているTwitterユーザーに向けて簡単に情報発信ができます。

例えば、観たい映画の上映情報をカレンダーに登録するだけでなく、それを「My おすすめ映画」として、Twitterユーザーへ手軽に配信するといった使い方も可能になります。



App StoreからTwitCalを購入(350円)し、iPhone/iPod touchにインストールしておきます。起動したらまずTwitCalアカウントを登録し、同時にTwitterアカウントのログインIDとパスワードを入力します


TwitCalのカレンダー画面。画面を左右にフリックするだけで前後の月や日に移動できる、日表示では時刻をタップするだけでイベントを追加できるなど、標準の[カレンダー]よりも便利に操作できます


いったん入力したイベントをタップし、[イベント]を表示します。イベントをTwitterに投稿するには、まず下の[つぶやく]をタップしましょう


[つぶやく]が表示されました。TwitCalからの投稿と判別できるよう、ここでは[つぶやき]に「From TwitCal」と入力しておきます。最後に[完了]をタップすれば投稿は完了です。ただし、他人から知られたくないようなプライベートなイベントは投稿しないように注意してください

有益なユーザーを「フォロー」して、イベントを自動的に追加

また、ほかのTwitCalユーザーがTwitterに投稿したイベントを、自分のTwitCalカレンダーにインポートすることも可能です。


Twitter上で見ると、TwitCalから投稿されたイベントには、前の画面で[つぶやき]に入力した文字・イベント名・短縮URLが表示されます
※画面はTwitterアプリ「Echofon」を使用したものです


ほかのユーザーのツイートにある、TwitCalのイベントの短縮URLをタップすると、このような画面でイベントの情報が表示されます。[このイベントを自分の
twitcalに取り込む]をタップすると、自分のTwitCalのカレンダーにこのイベントをインポートできます
※画面はTwitterアプリ「Echofon」を使用したものです


TwitCalにインポートしたイベントを表示すると、[差出人](イベントを投稿したTwitCalユーザー)とともに[フォロー]が表示されます。[フォロー]をタップし、差出人からの承認を得ると、差出人のカレンダーをインポートできるようになります。こうすると、差出人がイベントを追加するたびに、自分のカレンダーにもイベントが自動的に追加されます

カレンダーをフォローするだけでイベント情報などを自動的に取得できるので、これまで以上に効率的な情報収集が可能になりそうです。またイベントがカレンダーに登録されることから、「気付いたらイベントが終わっていた」といった事態も防げるかもしれません。

Evernoteとの連携機能にも期待

TwitCalはTwitter以外のサービスとも連携すると発表しており、その1つがEvernoteです。8日の発表会でのデモでは、Evernote内のメモや画像から、5W1Hの文章(イベントの要素となる文章)を自動抽出し、TwitCalに自動登録できる機能が紹介されました。
これにより、例えばEvernoteに保存した「3月13日19:15から角川シネマ新宿で『板尾創路の脱獄王』がある」といったメモが、TwitCalのカレンダーにイベントとして自動的に登録されるわけです。

なお、Evernoteとの連携機能は現在開発中につき、利用できるのは4月~6月になるとのこと。Evernoteに熱い注目が集まっている今、この連携機能には期待大ですね。


(できるネット+編集部 諏訪)

トラックバック(受付中)

トラックバックURL:

このページの内容の一部は、Google が作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに記載の条件に従って使用しています。