本文へジャンプ

コンテンツ一覧へ

コンテンツ検索へ



サイトトップ » 編集部ブログ » Windows 7 Upgrade Advisor(日本語版・正式版)が公開になったので試してみました


Windows 7 Upgrade Advisor(日本語版・正式版)が公開になったので試してみました

現在利用しているPCにWindows 7がインストール可能か、インストールにあたってどのような問題があるかをチェックする「Windows 7 Upgrade Advisor(日本語版)」が公開になりました。

ダウンロードページはこちらです:Windows 7 Upgrade Advisor

さっそく、インストールして試してみます。環境はWindows Vista Ultimateです。


インストールしたWindows 7 Upgrade Advisorを起動したところ。注意書きに従って使用する周辺機器をすべて接続し、電源を入れた状態にしてから[確認を開始する]をクリックします


3、4分ほど待って、確認結果が表示されました。アップグレードが可能か(32ビットのWindows 7 Ultimateをアップグレードインストール可能)、デバイス(周辺機器や本体内のパーツ)、プログラム(ソフト)のそれぞれについて、互換性がないもの、互換性が不明なもの、更新プログラムの適用など対応が必要なものがリストアップされます。


64ビットのWindows 7をインストールしたい場合のレポートも見ることができます


Windows Vistaからアップグレードインストールをしようとしている場合には、事前にWindows 7 Upgrade Advisorによる互換性のチェックを必ず行っておきましょう。互換性のないソフトがインストールされている環境では、最悪の場合、Windows 7のアップグレードインストールが完了できないこともあるためです。事前に確認しておけば、面倒なトラブルを回避できます。


iTunesに対して「Windows 7にアップグレードする前に、このプログラムをアンインストールすることをお勧めします」と表示されました。メッセージに従い、いったんアンインストールしてから、Windows 7のアップグレードインストールを行うようにします


(できるネット+編集部 小林)

トラックバック(1)

トラックバックURL:

マイクロソフトから『Windows 7 Upgrade Advisor』がダウ... 続きを読む


このページの内容の一部は、Google が作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに記載の条件に従って使用しています。