本文へジャンプ

コンテンツ一覧へ

コンテンツ検索へ



サイトトップ » 編集部ブログ » EMONSTER(S11HT)のソフトウェアをバージョンアップする


EMONSTER(S11HT)のソフトウェアをバージョンアップする

7月23日に、EMONSTER(S11HT)のソフトウェア・バージョンアップが発表になっていました。

本体ソフトウェアをバージョンアップすると以下のように改善されます。
・MMS(EMnetメール)にてメール送信する際、「.(ドット)」が2個以上連続するメールアドレス宛に送信が可能となります。
・モバイル向けWindows Live Hotmailからのメール受信が可能となります。
・その他、端末動作の安定性が向上します。
emobile.jp

バージョンアップを行うと、本体はすべて初期状態に戻ってしまうとのことで、注意が必要です。少し時間のあるときに……と思い保留していて、先ほどようやくバージョンアップを行いましたので、流れを紹介します。これから実際にバージョンアップを行われる際は、イー・モバイルが提供している資料や説明をよく読み、作業を行ってください。


まず、現在のソフトウェア・バージョンを確認します。[スタート]-[設定]-[システム]-[装置情報]-[バージョン]を開き、バージョンが「2.5.881.0 JPN」の場合、バージョンアップ対象となります

ソフトウェアのバージョンアップには、Windowsマシンと接続し、ActyveSyncもしくはWindows Mobileデバイスセンターで正しく同期できていることが必要です。

また、アップデートを行うと本体メモリの内容はすべて初期化され消えてしまいます(メモリカードの中身はそのままで消えません)。必要なデータはあらかじめバックアップを取っておきましょう。


携帯電話 EMONSTER(S11HT) 本体アプリケーションバージョンアップのご利用規約 | イー・モバイルを開いて「本体アプリケーションバージョンアップのご利用規約」をよく読み、ページ下部の[同意する]をクリックします


[EMONSTER 本体アプリケーション]の[ダウンロード]をクリックし、「S11HT_firm_V2_6_881_0_JPN.exe」を保存します


「S11HT_firm_V2_6_881_0_JPN.exe」を起動し、[次へ]をクリックします


[Readmeを参照]をクリックし、表示される説明(ワードパッドが軌道します)を読みます。その後[上記の表示されている注意を理解し、Readmeを参照しました。]にチェックを付け、[次へ]をクリックします


[以下の支持に従い、アップデートプロセス用に、PDA電話を準備してください。]の説明を読んでそれぞれの操作を実行します。EMONSTERをPCに接続してPC本体から認識させ、PCが自動的にスタンバイやスリープモードに移行しないよう設定を変更します。また、EMONSTERのバッテリが完全に充電されていることを確認します。すべてがOKだったら[上記の手順を完了しました。]にチェックを付け、[次へ]をクリックします


[アップデート]をクリックします


[次へ]をクリックします


[次へ]をクリックします


アップデート作業中、この画面が表示されます


アップデートが開始されると、EMONSTERにはこのような画面が表示されます


数十秒するとシンプルなグラフだけの表示に変わり、アップデートが完了すると再起動します


アップデートが完了すると、PCにはこのような画面が表示されます。[終了]をクリックします


再起動後に[スタート]-[設定]-[システム]-[装置情報]-[バージョン]を開いてソフトウェアバージョンを確認すると、「2.6.881.0 JPN」となっています


(できるネット+編集部 小林)

トラックバック(受付中)

トラックバックURL:

このページの内容の一部は、Google が作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに記載の条件に従って使用しています。